So-net無料ブログ作成

iMiEVに乗ってきた [テクノロジー]

iMIEV-1.jpg

三菱のマスプロ電気自動車に乗ってきました。

iMIEV-5.jpg

色はシルバー。
自分的にはカタログの派手な赤白が好きです。

iMIEV-6.jpg

まずは自分が運転しました。(これは妻が運転しているときの写真)
大妻女子周辺のUp/Downのあるルート。
乗車は私を入れて大人4人に幼児1人。これだけ乗ると、普通のアイでは重くて登りは大変なことになります。

まず、加速特性。
モーターの特性そのものが出ています。発進から定速走行まで滑らかなパワー感での加速。
普通に街乗りする分には、まったく違和感を感じません。かえってパワフルで、軽の非力なイライラが感じないだけ快適かも。また、音も静か。というか、エンジン音(モータ音も)まったく聞こえず、聞こえてくるのは雨の音とタイヤからのロードノイズのみ。タイヤを替えたら高級車に乗っているような静粛性になるでしょう。

さて、登りの性能。
これが驚きのパワーです。軽だという感触をまったく感じず、スルスルと上っていきます。しかも変速がまったく無いので、大排気量CVTに乗っているような滑らかさです。4人乗っていたのを忘れてしまうほど。

シフトレバーには通常のD(Drive)の他にECOポジション、Bポジションがあります。Dはフルパワー。ECOは80%(70%だったかな)までの出力で抑えるモード。そしてBが回生ブレーキを有効にするモード。Bポジションにすると、アクセルOFFでかなり強いエンジンブレーキ相当の制動がかかります。そして、この減速エネルギーはバッテリーに戻される。センターメーターは電力計そのもです。右に振れれば放電。左に振れれば充電。
強力な回生ブレーキとはいえ、びっくりするような制動ではなく、マイルドにいい感じに効きます。なので、Start/Stopが多い市街地走行はBポジションが良いでしょう。Bポジションのときは最後の最後にメカニカルブレーキが動作するといっていました。

さて、どれくらい走るかを聞いてみました。
とりあえず、最高速は135km/h程度だそうです。出力は64ps。軽の法規制だそうで。
高速道を100km/hで定速走行すると30分、つまり50kmしか走れないそうです。
これはちょっと・・・ やはり、待ち乗り用ですね。

気になる充電は100/200Vでの通常充電と専用スタンドでの急速充電があります。

iMIEV-4.jpg

車両左にあるのが急速充電専用のソケット。接点がぶっといです。

iMIEV-3.jpg

右にあるのが100/200Vの通常充電用のソケット。

iMIEV-2.jpg

ここにケーブルを挿します。
標準は200V20Aのプラグ。L5-20という3歯のプラグです。
L5-20から通常の2枚歯100Vコンセントへ変換するケーブルも付属しているそうです。アースつきの3Pです。
100Vで14時間、200Vで7時間。かなりの電流を流すようなので、専用回路で繋がないと無理かもしれません。
うちみたいにエコキュートを入れていたりオール電化なら単3-200Vが来ているから問題ないでしょう。ちなみに我が家の契約容量は6KVAです。

値段が安ければ買っちゃいたい気分です。
500万弱では、補助金を使っても300万円台。手が出ません。
※しかも、東京都は補助金が出ないらしい。

ソーラー発電と併用したら、完全にゼロエミッション。
近い将来こうなるのでしょうか?


さて、他にも気になるところはあります。
特にバッテリーの寿命。
バッテリーはLi-ionだそうですが、通常のバッテリー寿命は50%容量になったら終了と考えます。しかし、EVのバッテリー容量=ガソリンタンク容量ですから、徐々に走行距離が短くなっていくというわけです。これにはメーカーも悩んでいるようで、目標は5年10万kmなんて言っていましたが、到底無理な気がします。劣化が進んで容量が8割になったあたりが限界でしょう。できれば9割で交換したいところ。500~1000回の充電か可能といわれていますが、毎日乗ったら3年ほどで寿命といわれる5割までダウンしているかもしれません。さらに、Li-ionの特性上、高温下での満充電保存が一番良くないこと。夏に充電満タンで放置すると寿命が縮まるということです。通常は半分まで充電しておいて、乗る前に充電するのがベスト。でも、充電に時間gなかかるのが最大の問題ですね。

急速充電スタンドは設置に全ての費用を合わせると1000万程かかるそうです。どんどん安くはなると思いますが、これも一般人には手が出ません。

しかしながら、さすがは三菱だなと感じました。
というのも、三菱はエレベーターはやっているし、FAもやっている。モーターとその制御装置のインバーター等は得意分野でしょう。これで電池まで抱え込めればかなり強いのではないかと。

EV、全てが許されれば欲しいです。

nice!(0)  コメント(5) 

nice! 0

コメント 5

KM3

東京モーターショウでも三菱ブースでは大々的に宣伝してました.
係員に「充電ってどのくらいかかかるんですか?」と聞いたところ,ブログ本文の記述どおりの答えが.この時間を平然と言われてもねぇ….
昼間走って,夜中いっぱい充電.
お役所対応にはいいかも!
by KM3 (2009-12-07 11:55) 

sawada

パワーはあるので、山手線のような走り方、つまり街乗り専用というイメージですね。高速道路を使って行楽にというのは無理っぽいです。
営業用みたいに、定期的に戻っては充電ができるような用途にもぴったりでしょう。
バッテリーがカートリッジ式になったらもっと良いでしょうね。

離島とかでガソリン単価が高く、土地が狭い場所では有効活用できそうです。島はUp/Dnが多いですし、太陽光発電や風力発電も活用しやすいでしょう。

充電時間は確かに長いですが、空~満タンで7時間ですので、消費が半分ならもっと短くなるでしょう。しかし、何と言ってもバッテリーの劣化進行が気になるところです。ガソリン車で言うところの満タン法で燃費が徐々に悪くなるわけで、その悪化をどこまで許せるかという話。急速充電したら劣化は加速しますし、乗らずに満タン保存していても劣化は加速します。(特に夏場)
この辺りが解決できる電池の開発が急がれるでしょう。

それにしても良い走りでした。
下から上までフラットなトルクを出す電気モーター。
その良さをうまくコントロールしていました。

by sawada (2009-12-07 12:48) 

yungmath

ハンディ機持ってってノイズ検証してほしかったなぁ~
by yungmath (2009-12-10 01:17) 

sawada

流石に現場で試乗車があると聞いたので、FT-817は持っていかなかったんですよ。隣に自車止めて車載してるFT-857で聞いてみればよかったかな。
また機会があれば、走行中にノイズ検証させてもらいましょう。

by sawada (2009-12-10 08:09) 

らぢゅん

いいなー。乗ってみたい!

問題点もあるけど、可能性を感じさせる車ですね。0エミッション、フラットなトルクは今までの車にないメリットだから、自動車の扱い方が変わりそう。普段の買い物程度なら、現状のスペックでも十分使えそうですね。

個人的には来年出る日産のLEAFにちょっと期待してます。
by らぢゅん (2009-12-11 00:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。